2009年03月13日

【エラー処理】try〜catch ステートメント

スクリプト中の任意の行でエラーが起こるかもしれない場合は、
その行( または複数の行範囲 ) を try 〜 catch を使って囲む事によって、
エラーを無視させる事ができます



↑のボタンをクリックすると、↓のコードと同じものが実行され、最初はエラーに対して
特定の処理を実行していますが、二つ目は全くエラーを無視しています。 

<SCRIPT type="text/javascript">

function test() {

	// エラーが発生したら、catch 内のステートメントを実行
	try {
		alert( document.getElementById("abc").value );
	}
	catch(e) {
		alert( e.description );
	}

	// エラーが発生したら、なにもしない
	try {
		alert( document.getElementById("abc").value );
	}
	catch(e){}
}

</SCRIPT>


<INPUT
	type="button"
	value="try〜catch"
	onClick='test();'
>


Microsoft のリファレンス

Mozillad( 英文 ) リファレンス


 

posted by night wálker at 13:07| JavaScript
JavaScript ベーシック
SyntaxHighlighter
クロスブラウジング
その他
Highslide JS
思いの他綺麗に撮れた花
ブログを彩るには、JavaScript が必ず必要です。
特に、Google の存在は大きく、Google MAP をはじめとする
いろいろな先進の技術を簡単に利用できます。
結構知られていないものもあり、少し JavaScript を勉強すれば使えるようになって
自分のブログにいろいろな花を添える事ができるようになると思います。
※ この花は Highslide JS と言って Google とは関係ありません。



Admin